目の下のたるみを促進させる行動をご紹介
目元キレイ.com

目元キレイ.com

たるみを促進させる行動とは

女の人

紫外線対策をしていない

紫外線を浴びることで、肌のターンオーバー機能にダメージを与えてしまいます。紫外線はお肌の内部の細胞を破壊してしまうため、コラーゲンといった保湿成分が作られにくくなってしまいます。そうなると、たるみの原因となってしまうのです。また、紫外線はほんの少しの時間浴びただけでもお肌には着実なダメージを与えてしまいます。日焼け止めや日傘といったアイテムでしっかりと対策を取りましょう。

洗顔方法が間違っている

目の下の皮膚はとても薄いために、ごしごしと刺激をあたえたり、むりやり引っ張ったりすることで影響を受けてしまいます。そのため、洗顔や化粧落としの方法にも気を使う必要があります。また、過剰なメイクはクレンジングでも強く洗わないと落とせない場合があります。なるべく落としにくいようなメイクを避けるか、お肌に負担をかけないためにメイクが簡単に落ちるようなクレンジングを選ぶことが望ましいでしょう。そして、水の温度が高すぎることもお肌にとってはよくありません。洗顔を行った後は、美容液でケアすると良いでしょう。

普段あまり表情が無い…

表情をあまり作らない、という方も多いかもしれません。特にデスクワークをしている方、工場や倉庫など裏方として働いているかたには多いかもしれませんが、表情を作らないことによって顔の筋肉はどんどん衰えてしまいます。人と会話をする時には表情を使うような工夫を行ったり、または一人の時に顔のエクササイズを行う、瞬きの体操を行うなどすると良いでしょう。

生活習慣が乱れている

不規則な生活習慣や食生活によって、お肌の機能が低下する上に、むくみによって目の下にたるみができやすくなってしまいます。またホルモンの分泌に悪影響を及ぼし、お肌そのものにトラブルが発生しやすくなります。栄養が不足していることで、お肌を健康に保つ成分の生成が妨げられしまいますので、食事もバランスを考えるように心がけましょう。

たるみを引き起こす行動を絶つ!

たるみは、ほんの些細な行動からも引き起こされてしまうということを理解しておくことです。お肌に良くない行動をひとつひとつ絶っていくことで、たるみを改善・予防し、健康的な素肌を手にいれましょう。

広告募集中